男性

やり直す第一歩となる相談

弁護士への相談から始まる個人再生は、人生をやり直せる債務整理です。弁護士のサポートのもとで手間なく裁判所に申し立てができる上に、健全なお金の管理が身に付きます。全ての流れは3年から5年ほどをかけて終わり、その後は新たな人生があなたを待っています。

詳しく見る

お金

メリットの多い債務整理

個人再生のおおまかな流れとしては、弁護士などの専門家に相談して、それがベストな選択であるか調べてもらいます。その上で個人再生を選択した場合には裁判所に申し立てを行い再生計画案を作成して、それが認められば、それらに沿って借金の減免を受けて残された債務の返済を2年から3年をかけて行います。

詳しく見る

レディ

まずは相談してみよう

個人再生の流れはまず弁護士に相談し裁判所へ申立書の提出を行います。個人再生には借金を返済する義務があるのである程度の収入がある場合しか行なえません。あくまでも金融機関からの取り立てが無くなる事と利息が無くなる事になります。

詳しく見る

説明

まず弁護士に相談を

個人再生の流れはまず弁護士に相談し、裁判所の予約を行い、返済計画書の作成を行ってもらいます。裁判所から個人再生の認定が行われると、通常翌月から返済計画書に沿って支払いを開始します。個人再生を行う事で、借金の減額や督促のストップ等のメリットがあります。

詳しく見る

電卓

借金問題解決のために

個人再生の手続きは、決められた期限内に終えなければなりません。そのためには計画書の立案から裁判所への申立、費用の支払いなど、手続きの一連の流れが滞らないように注意します。自力で行うにはハードルは高いですが、事前に覚悟を決めて取り組みましょう。

詳しく見る

無理のない返済計画

財布

2つの種類がある

債務整理の手続きのひとつである、個人再生は借金額が大幅に減額させることができる手続きです。個人再生の手続きの流れとしては、まず弁護士に相談することからなのですが、この手続きには2つの種類があります。小規模個人再生と給与所得再生です。手続きの流れ自体は変わらないのですが、利用条件が異なります。小規模個人再生は、自営業者の方が対象の手続きです。ただし、会社勤めの人や公務員の方でも利用はできます。そして、住宅ローンを除く借金総額が5000万円以下で、将来にわたって継続的に収入が見込めることが条件です。給与所得再生は、会社勤めや公務員など給与所得者が利用できる手続きで、自営業者の方は利用不可能です。その他条件は、住宅ローンを除く借金総額が5000万円以下で将来に渡る継続的な収入が見込まれる、収入の定期的な幅が小さいと見込まれることが条件となります。弁護士依頼後の手続きの流れとしては、裁判所に個人再生の申し立てをし再生委員が選出され、収入や財産の状況を調べられます。条件が揃っていると確認されれば申し立て続きが開始決定、債権額に基づき再生計画を提出し、その再生案が認められれば、計画通りに返済開始という流れになります。ただし、個人再生は多額の借金をある程度免除してもらって、最低限支払わなければならない金額のみ支払う手続きです。財産を一部手放さなければならないだけでなくブラックリストに載るデメリットはありますが、その期間は5〜7年程度です。

Copyright© 2018 スムーズに個人再生を行うなら流れを知る~借金額が大幅に減額~ All Rights Reserved.