まずは相談してみよう

レディ

成功報酬と着手金

個人再生の流れで最初に行う事はまず弁護士に相談する事です。次に相談した後に弁護士に個人再生を依頼する場合にはその弁護士との間で委任契約を結びます。ここで着手金が発生します。この着手金は依頼した直後に発生するので注意しましょう。次に弁護士の契約が済むと自宅に受任通知が届きます。そしてこの通知を送付することにより金融機関からの直接の取り立てが停止されます。この時、過去から現在に渡り借金の額や支払い金額などを綿密に計算してもらえます。場合によっては過払い金の変換を請求する事も可能です。ここで注意しなければいけないのが、弁護士は債務調査を行う為、依頼者は現在の収入や家計状況を報告しなければなりません。個人再生を行う場合は裁判所に「申立書」の提出を行います。基本的に個人再生は裁判を行いおの結果によって認められるか否かが判断されます。もしこの時個人再生の申請が通らなかった場合、弁護士には依頼金として着手金を支払う義務があります。成功報酬は申請が通った場合のみ発生します。よって上記の流れで申請が通らなかった場合には借金の額が増える可能性もあります。個人再生の流れでは基本的に借金が無くなる訳ではありません。金融機関からの取り立てが無くなる事と利息が無くなるという事です。借金を返金していく義務があるので申請にはある程度収入がないと提出できません。弁護士に依頼する事で一連の流れを代理で行ってもらう事ができます。

Copyright© 2018 スムーズに個人再生を行うなら流れを知る~借金額が大幅に減額~ All Rights Reserved.