メリットの多い債務整理

お金

手続きについて

債務整理のひとつである個人再生の流れとしては、まずは弁護士など専門家による相談を受けることです。個人再生そのものは収入があり5000万円以下の借金であれば利用が可能ですが、整理後に借金を返済しなければならない場合があります。このため借金の多さによっては自己破産の方が有利な場合がありますし、また少ないのであれば任意整理の方が有利です。いずれにしても個人再生に限らず債務整理の流れとしては、まずは収入と借金の金額を整理することからはじまります。この際に借金の取り立てをやめさせたい場合には弁護士に依頼した場合には委任契約を結ぶことで取り立てを中止させることができます。調査としては借金に関しては弁護士の場合であれば取引履歴の開示請求を行うことで調べることになります。債務調査を行い過払い金の有無や適切なルールで契約が結ばれているか調べていきます。一方で収支や家計、財産や資産の調査を行います。これらの手続きの流れは1ヶ月から3ヶ月程度掛かりますが、その上で個人再生を行うかそれ以外の方法をとるか決めます。個人再生を選択した場合には裁判所に申し立て、裁判所は個人再生委員を選任してきます。基本的に個人再生委員と打ち合わせを行いこれまで収集した借金と収入の情報をもとに履行可能性テストを行って可能か調べ可能であれば手続き開始決定が行われます。一定期間のうちに債権者の異議申し立てなど行い双方の意見を考慮した上で再生計画案を作り提出して認められれば計画に基づく弁済が開始されます。なお、借金の金額が小さいと個人再生を行った時点で借金がゼロになる場合もあります。借金が残った場合には2年を目処に最大3年で返済を行う流れになります。

Copyright© 2018 スムーズに個人再生を行うなら流れを知る~借金額が大幅に減額~ All Rights Reserved.