借金問題解決のために

電卓

自分で手続きを進めるなら

もしも自分で個人再生の手続きを行おうと思ったら、まずは入念に下調べをして具体的な手続きの流れを把握するところから始めなければなりません。なぜならその手続きは決して簡単なものではなくて、素人が自力で行うにはハードルが高いからです。ともかく下調べが終わったら、覚悟を決めて取り組みましょう。まず最初に用意するのは、返済金の減額を債権者にお願いするための計画書の作成です。その計画書を裁判所に認めてもらえれば、個人再生を行うことができるようになるのです。すると原則として三年で借金を分割返済すれば、大変だった借金問題も解決できるのです。これが基本的な流れです。ちなみに裁判所への手続きの費用は、おおよそ30万円程度かかります。また、申立には申立書と陳述書と債権者一覧表、それに添付書類が必要です。添付書類とは、源泉徴収票と給与明細と財産目録、戸籍謄本と住民票などのことです。こうした費用や必要書類もまた、個人再生の一連の流れの中にあるハードルの一つでしょう。ところで裁判所は債権者の意見もよく聞いてから計画書の合否の判断をしますので、実行可能なしっかりとした計画書でなければ認めてもらえません。適当に書いたような曖昧な計画書では駄目なので注意します。それから個人再生の手続きには、決められた期限があります。もし期限切れとなったら、それまでの全ての努力は無に帰してしまう危険もあります。ゆえに手続きの流れが途中で滞らないよう、着実に手続きを進めなければなりません。

Copyright© 2018 スムーズに個人再生を行うなら流れを知る~借金額が大幅に減額~ All Rights Reserved.