まず弁護士に相談を

説明

裁判所で認定がおりるまで

個人再生の手続きの流れはとしては、まず最初に弁護士に相談します。次に、債権者へ受任通知を発送しなければいけません。個人再生の申し立ては裁判所で行う為、予約は必要になります。その後、財産や収入の状況の調査をされ、個人再生に必要な計画書を作成してもらいます。裁判所で個人再生が認定された場合には、計画書に沿って借金の返済を開始します。通常は、認定された翌月から開始するのが基本になります。以上が、個人再生を行う基本的な流れになります。これらの手続きや書類の作成を弁護士に行ってもらう変わりに料金を支払います。すべての費用は50万円となっており、弁護士や現在のローンのありなし等により多少金額は変わります。個人再生を行う上でのデメリットは、ブラックリストに載ってしまう事です。この場合、消費者金融や銀行等から5〜7年はお金を借りる事ができなくなります。さらに自動車や住宅を購入する際に、ローンやクレジットを利用する事ができなくなります。そのため、高額な物であっても一括払いで購入しなければいけません。もちろん、クレジットカードの発行もできなくなります。しかし、様々なメリットも存在します。貸金業者などからの督促がストップするので、精神的に楽になります。現在の借金を減額してもらう事により、計画書に返済していく事もできるようになるでしょう。個人再生のメリットデメリットの流れの中で弁護士に依頼する事で、これらの流れをスムーズに行う事ができます。もちろんその分料金は掛かりますが、個人で手続きを行うと膨大な時間と知識が必要になります。

Copyright© 2018 スムーズに個人再生を行うなら流れを知る~借金額が大幅に減額~ All Rights Reserved.